ヒトフェロモンのアンドロステノール

ヒトフェロモン物質「アンドロステノール」とは?

アンドロステノンの代謝物であるアンドロステノールは、腋で発見されました。

 

これについては、毎日の暮らしの内でアンドロステノールも、
フェロモンの役割を果たしている望みを実感させてくれると思います。

 

尿の中にまで、アンドロステノールが見つけられております。

 

男性の尿中のアンドロステノールの濃度は、女性のと比べて高くて、
アンドロステノールが男性に由来するフェロモンの一つとして機能する期待感を抱かせてくれると思います。

 

それでは、アンドロステノールは、男性より排出がなされて女性に影響を引き起こすフェロモンなのでしょうか。

 

 

アンドロステノールフェロモン効果は、
初めは、被験者にちょっとウソをついた環境下で調査されました。

 

薬が機能するか機能しないかを確認する際に気を付けることは、
あらゆる薬にはプラシーボ効果(偽薬効果)と呼ばれる働きが生じることであります。

 

プラシーボ効果というものは、薬の成分がまるでない小麦粉であろうとも、
「こちらは新薬でございます」と説明して飲んでもらうと、
僅かな人間が病気の状態が快方に向かったと感じることであります。

 

加えて、処方する医師が「こちらは実によく効き目がある新薬となります」と自信を持ちつつ患者さんに力説すると、
ますますプラシーボ効果が高くなるのです。

 

そのため、プラシーボ効果を取り除いて、
薬のホントの効能を調査するときには二重盲検法という手段が利用されます。

 

二重盲検法では、薬を処方する医師と薬を処方してもらう患者さんの両者がホントの薬であるのか、
有効成分が含まれていない偽薬であるのかを教えられておりません。

 

 

二重盲検法ほど厳格ではないのですが、
アンドロステノールの働きを調査するときには、
プラシーボ効果を可能な限り除外する仕込みが行われました。

 

被験者である12人の男子学生と12人の女子学生については、
外科用マスクと手袋を身につけた際のストレスに関する評価をやりたいとはじめに連絡します。

 

だけど、この調査はあくまでアンドロステノールがフェロモンの一つとして、
人間で機能するかどうであるのかを確かめることを目的に実施したわけですので、
外科用マスクとか手袋そのものに関しては別にどうでもいいことでありました。

 

男女ひとりひとり半数の学生がつけたマスクには、
密かにアンドロステノールが塗られておりました。

 

また、16枚の通常通りに衣服を身につけた人の画像、4枚の動物の画像、
4枚の建造物の画像を見てもらい感じたことを訊きます。

 

そうすると、アンドロステノールを嗅いだ被験者は画像の女性を一層セクシーに、
一層魅力あるように、一層愛おしく思っている傾向があったのです。

 

つまり、アンドロステノールは、女性をさらにセクシーに、魅力あるように感じさせる効力があるということを表しています。

 

そして、こういったふうに思うのは、男性のみならず、女性においても同じでした。

 

彼女は、自身と同様に堀北真希を積極的にカワイイと受け入れているため、女性が好意を抱く。

 

女性から考えてもセクシーで女性らしいカワイイ女性がいるわけです。

 

この実験によれば、アンドロステノールは男性はもちろん女性にまで効果が発揮されます。

 

 

アンドロステノールに長時間さられていたら、
画像の評価が変化するばかりか、
それ以外の効果も期待できます。

 

1ヵ月と長期間にわたって毎朝女性の唇にアンドロステノールもしくはプラシーボ(偽薬)を塗り込んで、
アンドロステノールの長期的な効力を調査されました。

 

そうすると、生理周期の中期だと、プラシーボを塗りつけた女性と比べて、
アンドロステノールを塗りつけた女性の方が攻撃的ではなく寛容となるパターンが見受けられました。

 

後に、少々詳細に述べるのですが、
アンドロステノールは、神経細胞の働きを緩和させるγアミノ酪(GABA)と言われる神経伝達物質の機能を補強するのです。

 

ということから、アンドロステノールを長期にわたって受け入れていると、
イライラ感に関連した神経の機能を緩和することによって寛容になる可能性もあります。

 

気が合わない夫妻は、よく諍いの中にいるから女性もイライラしています。

 

ですが、奥さんといった語感は、落ち着きのある女性にピッタリのような印象があります。

 

仲良くしている夫妻の場合には、一緒に暮らす時間が長いから夫のアンドロステノールを日常的に受け入れているため、
抑制系の神経伝達物質とされるGABAの強力な働きを与えられます。

 

そのために奥さんの人となりが落ち着くのだと分析するということは、
生理学者の思い込みの解釈とも考えられます。

 
TOP アンドロステノン アンドロステノール アンドロスタジエノン ジョビ器