ヒトフェロモンのアンドロスタジエノン

ヒトフェロモン物質「アンドロスタジエノン」とは?

男性の汗とか血に、アンドロスタジエノンが入っています。

 

腋にまでアンドロスタジエノンがあります。

 

女性でもアンドロスタジエノンを有していますが、
男性と比較して圧倒的に少ない濃度であります。

 

女性と比較して男性に高濃度でアンドロスタジエノンがあるということは、
アンドロスタジエノンは男性より分泌され、
女性に影響を及ぼすことが考えられます。

 

アンドロスタジエノンが女性に対してのフェロモンだとすれば、
女性の方が男性と比べてアンドロスタジエノンを感知する感受性が高いと想定されます。

 

ここで、12歳から19歳の男子と女子に対して、
アンドロスタジエノンに関する感受性が調査されました。

 

アンドロスタジエノンが性フェロモンという形で働くと仮説を立てると、
性成熟が進行する思春期の前後だと感受性が違う可能性があると思います。

 

そういうわけで、思春期になるより前の12歳から14歳と思春期になった15歳から19歳に区分して対比させてみると、
男子だと、思春期になった後は思春期以前よりも感受性が低下しいました。

 

それとは逆に、女子に関しては、思春期の前後で感受性に差がありませんでした。

 

これに関しては、男性だとアンドロスタジエノンは成人になったら機能は弱くなるのに対し、
女性だとアンドロスタジエノンが作用を継続するから、
大人に成長してからでも男性から女性へ情報を伝達するフェロモンの役割を果たしている可能性を指し示しています。

 

 

アンドロスタジエノンというのは、
女性の内分泌系に影響を及ぼしてホルモンの濃度変容をもたらします。

 

アンドロスタジエノンを溶かした溶液を広口瓶に注ぎ込んで女性に嗅いでもらうと、
15分の間に唾液内のコルチゾルの濃度が増えました。

 

その効果は、長時間にわたる際にはアンドロスタジエノンを嗅いでから1時間ぐらい切れません。

 

コルチゾルは、ストレスに見舞われる状況で合成が行なわれるホルモンの一つとして有名です。

 

そのことから、アンドロスタジエノンが女性にストレスをもたらす物質の一つとして機能することもあり得ます。

 

けれど、後ほど詳細を説明するようにアンドロスタジエノンというものは、
人間の感情を落ち込ませるのではなく陽性の気持ちに変えるとのことです。

 

そうなると、ストレスがかかった際にコルチゾルが合成されてしまうというのは、
ストレスを沈静化する効力を有しているというのが要因かも知れませんしれません。

 

ですが、やたらに大きなストレスが加わって高いコルチゾルが合成されれば、
脳に重大な悪影響を及ぼすということも認められています。

 

さらに、コルチゾルは、血液内でアンドロスチノールに代謝されるのです。

 

アンドロステノールはGABAの効力を迎えるため、
気持ちをリラックスさせる作用も見られるから、
この作用もストレス軽減に役立っているとも考えられます。

 

 

通常であれば、特定の匂い物質を絶えず嗅ぎ続けていると、
その匂いを感じられなくなっていくはずです。

 

この事象は、順応と称されております。

 

アンドロスタジエノンは普通の匂いと違って順応は明確ではなく、
というより、何度も嗅いでいたら感受性が高まる特性を有しています。

 

女性と男性に、1日3分間3回アンドロスタジエノンを嗅ぎ出した際と比較して、
2週間連日アンドロスタジノンを嗅いだ以降は、
女性でも男性であろうとも感受性が10倍くらい好転していきました。

 

コントロールという形でチェリーとかアーモンド香を、
保持しているベンツアルデヒドを2週間連日アンドロスタジエノンと同様に嗅いだ後からも、
女性、男性いずれも感受性がよくなるというのは見られなかったです。

 

加えて、2週間嗅いだ後には、アンドロスタジエノンは男性よりは女性により大きい反応をもたらしておりました。

 

 

アンドロスタジエノンは、女性の方が男性をますます魅力あるように思う感じに働きます。

 

クローブオイルに溶かしたアンドロスタジエノン、アンドロスタジエノンを含んでいないグローブオイル、
水のどれかをパットに付けて女性の唇と鼻の中間に塗りつけて、席に座り込んでいただきます。

 

この席に様々な男性に3分間ともにお座りしていただきます。

 

それから、男性はどれほど魅惑的でしたかを7段階のクラスで回答していだだきます。

 

そうすると、アンドロスタジエノンの匂いを嗅いであった女性の方は、
クローブオイルとか水を付けていた男性よりは、
大差ない男性にも関わらず魅惑的と思っていました。

 

 

アンドロスタジエノンは、雰囲気を変化させる効力を有していますが、
この効果は女性と男性によっては違っています。

 

アンドロスタジエノンを嗅いだときに、
想定外の高揚感、良い機嫌、活気、高ぶり、好意などが実感するときは陽性の雰囲気に切り替わったと定めます。

 

それに対して、戸惑い、怒り、不満、心配などを実感したならば陰性の雰囲気に切り替わったと定めます。

 

アンドロスタジエノンを女性の唇と鼻の間に示すと、
女性は陽性の雰囲気を覚えます。

 

だけど、男性に同様にアンドロスタジエノンを示すと、
むしろ陽性の雰囲気が低下します。

 

陰性の雰囲気においては、
女性も男性であろうとも変わることはなかったのです。

 

こういったふうに、アンドロスタジエノンは女性の感情を良化する機能を保持しておりました。

 

男性においては困惑とか抑制を感じさせる事実はありませんが、
最低でも喜ばしい印象は男性に生じさせませんでした。

 

女性にアンドロスタジエノンを嗅いでもらう際に、男性がテストを担当するか、
女性がテストを担当するかにより結果が違うといったことも示されております。

 

女性がテストを担当する時には陽性の気持ちになりませんでしたが、
男性が担当する時には陽性の気持ちになったのです。

 

そのことから、アンドロスタジエノンの機能は、
男性の存在を考えさせる原因が求められるといえるでしょう。

 

 

アンドロスタジエノンとかアンドロステノールについては、
分子構造からステロイド類に類別されます。

 

そして、アンドロスタジエノンは、麝香臭があります。

 

ここで、分子構造の形でステロイド骨格を有しているその他の物質は、
アンドロスタジエノンと同じ様な感情に関する効力を有するのだろうか、
または、ステロイド骨格がなくても麝香を持っているなら、
女性の雰囲気を陽性にする効果が現れるのかが調査されました。

 

そうすると、ステロイド骨格を有しているアンドロステノールを女性と男性に嗅いでもらったとしても、
女性の陽性の雰囲気を高くし、
男性の陽性の雰囲気を低下させるといった様な効果は得られませんでした。

 

そんな訳で、ステロイド骨格を有している化学物質が、
全体的に女性の感情を陽性に変えるわけじゃないということがはっきりしました。

 

さらに、人為的に作り出された麝香を保有するムスコンは、
20個近くある炭素が環を作り上げている分子構造をもっているんですが、
ムスコンはステロイド骨格はないです。

 

ムスコンを女性に嗅いでもらったとしても、
陽性の雰囲気にする機能は存在しませんでした。

 

そのため、麝香臭が女性の感情を陽性に変えるということもなかったです。

 

女性の雰囲気を陽性に変える効果は、
両方をあわせ持ったアンドロスタジエノンに限った働きであることがわかったのです。

 

 

そして、映画を目にしている時にアンドロスタジエノンを嗅ぐと、
映画より受けるニュアンスを変化させる効力を有しています。

 

幸せなストーリーの映画を目にしている時だと、
アンドロスタジエノンを嗅いだとしても男性にも女性にも影響を及ぼしません。

 

けれど、悲しげなストーリーの映画を目にした際では、
アンドロスタジエノンは女性に少々充実感をもたらすから悲しみを緩和する効果を発揮します。

 

逆に、男性には悲しみを更に深く感じ取る様に作用します。

 

エッチな映画を目にしている時だと、
男性にも女性にも同様に性的な誘起を強化する効果があります。

 

余談ですが、女性フェロモンの候補の一種であるエストラストラエノールは、
幸せなストーリーもしくは悲しげなストーリーの際は男性にも女性にも効果は見られなかったのですが、
エッチな映画の際は男性にも女性にもアンドロスタジエノンと同じ様に性的な誘起を引き立てる効果が確認されました。

 

 

先述したみたいにアンドロスタジエノンというのは、
コルチゾル等のホルモン濃度を変えるようです。

 

そのために、陽性の雰囲気が勢いづくといった精神的な変容をもたらされたことが想定されます。

 

さらに、陽性の雰囲気が盛んになるといったような精神的な変容が現れたから内分泌系の変調が出てきたこともあります。

 

それと共通して、アンドロスタジエノンは両方の変容を分けて招いたことも想定されます。

 
TOP アンドロステノン アンドロステノール アンドロスタジエノン ジョビ器